勉強_20180226

1. インターフェイスにおけるEIGRPの使用可能な割合変更

構文

(config-if)#ip bandwidth-percent eigrp

設定例

AS1のEIGRPの使用可能な割合を20%に変更
(config-if)#ip bandwidth-percent eigrp 1 20
備考

デフォルト値が日本サイトと海外サイトで違う。

  • 日本: 指定をしないとDefaultが50%
  • 海外: 指定をしないとDefaultが40%

2. EIGRPにおける認証設定方法

流れ

  1. Key chain作成
  2. Key ID作成
  3. Key String設定
    いわゆるパスワード
  4. 受信ライフタイム設定
    (オプション)
  5. 送信ライフタイム設定
    (オプション)
  6. EIGRPの(MD5?)認証の有効化
    MD5以外があるのか要リサーチ
  7. キーチェーンの適用

各構文と備考

  • Key chain作成
    構文
(config)# key chain <name>
  • Key ID作成
    構文
(config-keychain)# key <id>
備考

範囲: 0 ~ 2147483647(=231-1)
Neighbourと一致させる必要がある。

  • Key String設定
    構文
(config-keychain-key)# key-string <password>
備考

Case Sensitiveである。

  • 受信Life Time設定
    構文
(config-keychain-key)# access-lifetime <start-time> [ (end-time | infinite | duration seconds) ]
備考

\<start-time>/\<end-time> 書式: 09:00:00 dec 1 2017
\ 範囲: 0 ~ 2147483647(=231-1)

  • 送信Life Time設定
    構文
(config-keychain-key)# send-lifetime <start-time> [ (end-time | infinite | duration seconds) ]
備考

基本的には上記受信Life Time設定と同じ。ただ、参考サイト上ではaccess-lifetimeとなっている。

  • EIGRPの(MD5?)認証の有効化
    構文
(config-if)# ip authentication mode eigrp <AS> md5
  • キーチェーンの適用
    構文
(config-if)# ip authentication key-chain eigrp <AS> <keychain-name>

参考サイト

1. インターフェイスにおけるEIGRPの使用可能な割合変更(日本サイト)
1. インターフェイスにおけるEIGRPの使用可能な割合変更(海外サイト)
2. EIGRPにおける認証設定方法