日記_20180302

2018/03/02 (金)

明日のセミナー

明日はCCIE9冠というわけが分からないタイトルの持ち主(岡山さんというらしい)が社長をやっているルートリフという会社のセミナーに行く予定だ。

本当はもっと勉強に時間を割くべきなのだがCCIEを一つでも取りたいと思っている私としては是非一度お話を伺いたいと思っている。

気になった本

勉強をしなければいけないといいながら話がそれているが、少し面白い本を見つけた。鬼速PDCAという本だ。気になった理由は「鬼速」といとても強そうなキーワードがあったからだと思う。

何が普通のPDCAと違うのかがわからないのでめぼしいキーワードをとりあえずピックアップしてその後実際に普通のPDCAと違うのかをここでネットで検索した普通のPDCAと比較したいと思う。

キーワード (書き出してみたら案外キーワードになっていない)

  • 課題のKPI(Key Performance Indicator)を図りやすい基準で設定する。
  • PDCAのサイクルにはその上や下にもPDCAとしてサイクルにできる可能性があることを意識する。
  • 全力でアクセルを踏むと表現しているが、あくまでスピードを重視するためにすべてのPDCAに完璧性を求めないことを想定している。
  • 因数分解の最初の一段階目のMECE(Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive/相互に排他的、完全な全体集合)を徹底すること←これ実は私が最近自身のチームの課題解決を考える時によく躓いてるポイントである。MECEを意識しすぎて頭が爆発しそうになるが1段目だけは意識をとがらせるというくらいなら私にもできそうである。
  • 上記因数分解に悩んだらプロセスで区切ってみる。
  • マインドマップ作成の推奨と作成ツールとしてのxmind

総評

時間がかかりすぎたので半分くらいで読むはやめたがある種のブレイクスルーになった気はする。今日だけは勉強を放棄して今後のPDCAサイクルを考えてみようかと思う。

PDCA

実際にやってみようとしたがかなり不完全なまま終わってしまったので明日もまたトライしてみようと思う。 参考までに本日作成したものの画像をあげてみようと思う。

f:id:koike90s:20180302224847p:plain

このXmindで作成したマインドマップはサイトの可視化にも一役買いそうである。

Refernce

CISOの役割とは?